クオリア❌クオリア

未知なる感覚質を求めてー。

【MMJ-長野東御】最近のあれこれ〜さすらいのお勉強野郎〜

僕の名前は嘉向徹。

きままなフリーターだ。

f:id:team-0:20171028111443j:plain

仙台でのおべんきょうを終え、今は長野県東御市に来ている。ここ東御市では今、「天空の芸術祭」なるものが開催中で、あるものは広い公園に、あるものは道端に、町のいたるところに作品が展示してある。その芸術祭に参加している敬愛する諸先輩であり友人のアート作品の制作を(勝手に)お手伝いをしながら暮らしている。最近思っているあれこれを一つにまとめると、「お風呂が大好きだ」ということになるのだけど、10個に分けようと思う。

 

1・やればやる気が出る

やる気とかやる意味とか意義とかを一旦片隅に置いて、まず、やり出すことは最高だなと思う。ぴょんとやり始めるとやる気が湧いてくる。結果がどうであれ、頭に浮かんだことを想像のままで終わらせずに【実際にやる】という体験はいつまでも自分の背中を押してくれる。

 

2・まとめる ⇔ とっちらかす

今まで全くと言っていいほどまとめて来なかった、いわゆる自分たちの”やっていること”。一般的な社会においては自己紹介が難しい、肩書きもなければ決まった収入もないやり方。人と一緒に計れないものさしをホームページにまとめだしている。これからは各地でおべんきょうしたことをホームページにまとめつつ、自分自身はもっととっちらかしたいと思う。

https://kamukitoru2017.wixsite.com/mysite

 

3・新米は羽釜で

新潟県佐渡ヶ島で採れた新米をリアルな火で炊いた。空気、水、夜の静かさ、そのどれもがズレがちの自律神経には効果覿面で、夜の8時に就寝しちゃうほどの環境。そこですくすく育ったお米はなるほどやっぱり美味しいのだ。新米を食べるお茶会的なものを全国の各地でやれたらいいなと思う。

 

4・上半身は裸で

パーカーよりも、Tシャツよりも、裸が似合う男。か、どうかはわからないんですけど「今日のファッションに悩んだら、上裸でいけ!」というメモ書きを携帯に残している。167cm体重75kgのわがままボディが故の苦肉の策かこの冬だけは冬眠せずに徹ヴィジュアル系化計画を実行する心算だ。

 

5・この木が誰かの作品だったら

森や山や海を見ていると、「この木が、山が、海が、誰かの作品なんじゃないか」と思うことがある。もともとこの形ではなかったものたちが、今この形を成しているのだよなぁ。あるのもは太陽の光をより多く浴びるため。また、あるものは大地の栄養と水を吸い上げるために。それぞれが、ぞれぞれで生きていくための機能や形に満ち溢れている。

 

6・未来から来る自分も自分

変わることが怖い、ということを思っていた。もしかしたら今までも、断続的にそう思うことはあったかもしれない。変わることが怖いという気持ちは高いところから海に飛び込むときの気持ちに似ている。足元がフワフワして、太ももの内側がキュっとなり、心でアクセルを踏み、頭でブレーキを踏む。怖いけど怖いまま、足を踏み出すと、「あら、そうでもない」ってね。自分が変わるのは怖い。でも、変わったその先の自分も自分なのだから、未来から来る自分さまよ、どんどん来い!

 

7・一握りのクオリア

僕が生まれ育った新潟の浜辺には砂がいっぱいある。先日、一人でとぼとぼ海岸線を歩いていて、ふと、足元の砂を一握り掴んで手の中からパラパラとほどいた。手のひらから伝わってくる砂のザラザラは僕が小さい頃から感じて来た様々な印象を思い出させてくれ、それは走馬灯のようにブワァッと全身を巡った。今までどれだけこの砂で遊んだだろう。一握りの砂のザラザラの中には僕にとって大切な何かが詰まっている。

 

8・わからないことがやりたい

ノートを目の前に開いて、「ここに自分を出す」と思ってペンを走らせると、一番最初にこう書いていた《わからないことがやりたい》。自分の3つの行動原則として【やったことのないこと・やりたいこと・やりたくないこと、をやる】というものがあるのだけど、そのどれもに当てはまらず、ある意味で、そのどれもに当てはまるな、と思った。結局、良し悪しよりも「これをやったらどうなるんだろう?」という好奇心が日々の原動力だ。

 

9・無理ー!と思う時、無二ー!と叫ぶ

ここ東御市で行われた芸術祭では大変べんきょうになることがたくさんあった。友人が携わっていたのが「人と人の間の事柄を扱うアート作品」で、一方では(多分)複雑なそのまちの事柄をなんとも軽々しく突破していた。僕自身、佐渡ヶ島をうろちょろした挙句、世代間の壁を感じて「無理ー!」と思う時もあるけれど、その光景も、その経験も、そしてその【感覚】も、まさにこれ唯一無二なり、と気づいた。無理ではなく、本当は、無二なのだ。

 

10・嘉向徹 26歳。

1124日生まれ。射手座。好きな動物は狼とシャチ。推薦で受かった大学を入学前に自主退学し最終学歴は高校卒。以来、数々の職業的なものを転々とし、目下人生勉強中。しゅみ、おべんきょう。好きな言葉「朝に道を聞かば、夕べに死すとも可なり」。心身ともに至って健康。道行く車に親指かかげ、ヒッチハイクで静岡へいく。将来、日本を...     いや世界を救う男(かもしれないし明日死ぬ)かも    しれない。

 


【最近のあれこれ、動画ヴァーーージョン】4ふんくらいあるよ

 

 

f:id:team-0:20171002175056j:plain

今日のファッションに悩んだら、上裸でいけ└( ^o^ )┐