クオリア❌クオリア

未知なる感覚質を求めてー。

ひとがOKならOKは「全然OKじゃない感」

「今夜のご飯どこに行こっか?」と聞かれて、

「どこでもいいよ」なんて言いたくはない。

 

f:id:team-0:20171013113647j:plain

 

以前付き合っていた彼女との間で何度もこじらせた記憶がある。たまの休日に一緒にご飯に行く約束をして、合流するとこちらからいつも聞いていた。「今日はなに食べたい?」彼女は「どこでもいいかなあ」と言う。その言葉に「どこでもいいってなんなん!」と目くじらを立てていたのだった。

 

最初は彼女にプンスカするばかりだったけれど、後になってよくよく考えてみれば、これは自分自身にも言えるのではないか、と、一抹の不安がよぎる。そして、自分に向かって「お前こそどうなんだ」と問いかける。

 

今思えば、あの時の自分は彼女とご飯に行きたいわけではなかったのだろう、と思う。「きみとご飯に行きたい」という気持ちオンリーであれば、どこでもいいはどうでもいいだとか、せっかくの休みなのにだとか、彼女に対してあーだこーだ言わないだろう。一緒にご飯に行きたいのなら、それ以外のことは完全無視でいい。それを無視できず、彼女の振る舞いを見て文句をつけ、その実、この両目のついている自分自身を見落としていたのである。

 

「どこでもいい」と言った彼女に対して「きみは何も選ばないの?俺がOKならきみはOKなの?俺がじゃあマックでいいやと言えばそれでいいの?今日はたまの休みだぞ。お寿司という選択肢もあるのだぞ。それでもドライブスルーでいいのか」とまくし立てていた自分に、「じゃあ一緒に行くのをやめろ」と、「ひとりで行け」と言いたい。 

 

 

 

彼女がOKと言ってくれたから、ご飯に行く約束をしたのは、自分だった。

 

ひとがOKならOKは「全然OKじゃない感」を醸し出していたのは、彼女ではなく、自分自身だった。

 

だから、そもそもご飯に行かないという選択肢も、別々でご飯に行くという選択肢も(選ばなかったのではなく)選べなかった。

 

乗っかっているやつは心底で選べない。

 

 

 

結局、ひとのOKに乗っかりがちな自分だ。自分の気持ちを邪険に扱えば、あの人がああ言ったから、あなたがこう言ったからなどと騒ぐしかなくなる。大切なのは過去の決定に従うことでも、相手に向かって行くことでもない。今この瞬間の気持ちの揺らぎを「おれはこう思っている」と認め、真摯に対応し、自分に向かって行くことだと思う。とそんな事をすると、時に相手から猛烈に嫌われる可能性を大いに含んでいるけれど、宇宙は表裏一体、すなわち、誰かから猛烈に好かれることもあるかもしれない。

 

 

 

f:id:team-0:20171002175056j:plain

「うんまあ、Ok。」なんて全然OKじゃないし!!

 

 

 



 

 

 

 

永遠の野球少年「保科亮太」 処女作

短編小説 『THE LAST DEMON』リリース

f:id:team-0:20171013110223j:plain

奇跡的に詳細を知りたい方がいらっしゃいましたらこちらからどうぞ☆

https://kamukitoru2017.wixsite.com/mysite/event